県信用保証協会が配布しているエコバッグとボールペン

 県信用保証協会(須藤揮一郎(すどうきいちろう)会長)は国連の持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みの一環として、海洋プラスチックごみを原料としたボールペンと、フェアトレード認証を受けた綿を使用したエコバッグを作製し、今月から関係機関へ配布している。

 SDGsへの取り組みをアピールするとともに、グッズを通じて県内中小企業などにSDGsを啓発する。ボールペンは2千本、エコバッグは500個作製した。今後、セミナーなど主催イベントの参加者にも配布する予定。