県内の新型コロナウイルス感染者数

 栃木県と宇都宮市は25日、新たに計584人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者としては23日の498人を上回り、過去最多となった。日光市内の高校などで3件のクラスター(感染者集団)も確認された。県内の累計感染者数は2万591人となった。

 感染力が強いオミクロン株の影響で感染者は1月以降、約5千人増加。人口10万人当たりの新規感染者は、昨夏の第5波のピークの2倍に迫る勢い。県によると、年代別では30代以下で65%を占めており若年層の割合が高いのが特徴という。

 新規感染者は10歳未満~90代の男女。居住地別では宇都宮市206人、小山市57人、鹿沼市55人、栃木市40人などと続いた。感染経路不明は275人。

 クラスターは日光市内の高校で生徒計17人が感染し、休校となっている。宇都宮市内の保育施設では職員と園児計14人が感染。那須町内の障害者施設では入所者と職員計26人の感染が確認された。また、県は24日に発表した佐野市の感染者が重複していたとして取り下げた。

 県と宇都宮市は25日、計1043件を検査した(委託の未集計分は除く)。累計検査件数は56万1590件。