ショートトラック成年男子1000メートルで優勝した斎藤慧(中央)

ショートトラック成年男子1000メートル 準決勝で失格となった県スポーツ協会の河合(中央)

ショートトラック成年女子1000メートル予選1組を1位で通過した山浦(県スポーツ協会)

フィギュア少年女子ショートプログラム 自己ベストを更新しフリーに進出した北條(鹿沼東高)の演技

フィギュア少年女子ショートプログラム 演技を終えポーズを決める芦塚(宇女高)

ショートトラック成年男子1000メートルで優勝した斎藤慧(中央) ショートトラック成年男子1000メートル 準決勝で失格となった県スポーツ協会の河合(中央) ショートトラック成年女子1000メートル予選1組を1位で通過した山浦(県スポーツ協会) フィギュア少年女子ショートプログラム 自己ベストを更新しフリーに進出した北條(鹿沼東高)の演技 フィギュア少年女子ショートプログラム 演技を終えポーズを決める芦塚(宇女高)

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季大会スケート・アイスホッケー競技会は24日に開幕し、今市青少年スポーツセンター屋内スケートリンクほかでスケートのショートトラック、フィギュアを行い、ショートトラック成年男子1000メートルで斎藤慧(さいとうけい)(県スポーツ協会)が1分27秒557で初優勝した。

 同成年男子3000メートルリレーは準決勝で4分37秒773の2組4着となり、25日の順位決定戦へ回った。5~8位を決める順位決定戦は5000メートルで行う。

 成年男子1000メートルの河合健朗(かわいたつろう)(同)は準決勝で、成年女子1000メートルの山浦美和子(やまうらみわこ)(同)は準々決勝で失格した。少年男子、女子1000メートルに出場した4人は予選で敗退した。

 フィギュアは少年男女のショートプログラムを行い、女子の北條楓(ほうじょうかえで)(鹿沼東高)が自己ベストを更新する43.44点をマークして19位に入り、上位24人が進む25日のフリーに栃木県勢で3年ぶりに進んだ。芦塚明日佳(あしつかあすか)(宇都宮女高)は33.67点で30位だった。