手作りグッズを販売する「桜小町MAO」のメンバーら

手作りグッズを販売する「桜小町MAO」のメンバーら

手作りグッズを販売する「桜小町MAO」のメンバーら 手作りグッズを販売する「桜小町MAO」のメンバーら

 小山】縫い物や小物作りを得意とする母親たちでつくるサークル「桜小町MAO」は2月5日、東城南4丁目のサンワ設計小山ショールーム「はぴしぇあ」で手作りの通園通学グッズの販売会を開く。

 メンバーは元手芸サークル仲間で、大谷地区在住の5人。子育て世代で助け合おうと約6年前から販売会やワークショップを開いており、通園通学グッズ販売会は入園入学を控えたこの時期の恒例イベント。

 当日はマスクや巾着、シートベルトや水筒の肩掛けパット、傘の目印用ゴムなど子育て経験者ならではのアイデア商品を販売する。価格は30円~3千円。代表の荒川留美(あらかわるみ)さん(42)は「買い替えや買い足しに訪れるリピーターも多い。さまざまな家庭の来場を歓迎している」と話す。