本番に向けて実戦練習に励む栃木県成年男子の選手たち=細尾ドームリンク

新チームの得点源として期待がかかる日光明峰のFW駒田=18日の全国高校総体1回戦、フラット八戸

本番に向けて実戦練習に励む栃木県成年男子の選手たち=細尾ドームリンク 新チームの得点源として期待がかかる日光明峰のFW駒田=18日の全国高校総体1回戦、フラット八戸

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季スケート・アイスホッケー競技会は1月24~30日の延べ7日間、日光市内の4会場でスピードスケート、ショートトラック、フィギュアスケート、アイスホッケーの4競技を行う。前回国体で栃木県は天皇杯(男女総合成績)で19位、皇后杯(女子総合成績)は18位。巻き返しを狙い今大会に挑む県勢を競技ごとに全3回で展望する。

◇とちぎ国体特設ページ

 スピードスケートの5倍の競技得点が与えられ、結果が総合成績に大きく影響するのがアイスホッケーだ。