ショートトラック成年男子500、1000メートルで共に優勝候補の斎藤(左から2人目)と河合(右)=2021年1月、名古屋市の日本ガイシアリーナアイスリンク

山浦美和子

平田大和

鈴木雄大

ショートトラック成年男子500、1000メートルで共に優勝候補の斎藤(左から2人目)と河合(右)=2021年1月、名古屋市の日本ガイシアリーナアイスリンク 山浦美和子 平田大和 鈴木雄大

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季スケート・アイスホッケー競技会は1月24~30日の延べ7日間、日光市内の4会場でスピードスケート、ショートトラック、フィギュアスケート、アイスホッケーの4競技を行う。前回国体で栃木県は天皇杯(男女総合成績)で19位、皇后杯(女子総合成績)は18位。巻き返しを狙い今大会に挑む県勢を競技ごとに全3回で展望する。

◇とちぎ国体特設ページ

 今市青少年スポーツセンター屋内スケートリンクで行われるショートトラックは、県スポーツ協会所属の斎藤慧(さいとうけい)、河合健朗(かわいたつろう)、山浦美和子(やまうらみわこ)のスポーツ専門員3人の活躍が見込まれる。