宇都宮地裁・家裁・簡裁

 那須町で2017年3月に大田原高生徒7人と教諭1人が死亡した雪崩事故で、遺族の一部が栃木県(県教委)などに事故の責任を認めて謝罪するよう求めた民事調停の第8回協議が24日、宇都宮簡裁で開かれる。調停開始から2年近く経過したが、事故が起きた講習会の責任者だった3教諭の責任の在り方などを巡り双方の考え方の溝は埋まらず、調停が不成立となる可能性が出てきた。

 不成立となった場合、一部遺族は宇都宮地裁に提訴することを検討している。