» 動画ページへ

小田代原までの雪上散歩を楽しむスノーシューツアー参加者=22日午前11時35分、日光市湯元

 奥日光の小田代原周辺でスノーシューツアーが22日開かれ、参加者は銀世界に覆われた森の中を散策し、冬の自然を満喫した。

 ツアーは日光湯元ビジターセンターが主催。戦場ケ原を流れる湯川沿いを歩き、小田代原まで約4・5キロを往復する。同センターによると、近年は参加者も増えているが、隣県等で「まん延防止等重点措置」も適用されているため感染対策を取った上で実施した。

 この日は県内外から9人が参加。穏やかな冬の日差しにも恵まれ、緩やかな起伏に降り積もった雪の感触を足元で楽しんでいた。

 宇都宮市、会社員男性(56)は「冬の日光で澄み切った空気、非日常を味わえるのは最高ですね」と目を細めていた。