文星芸術大(宇都宮市上戸祭4丁目)と帝京大宇都宮キャンパス(同市豊郷台1丁目)は4月、学生が両大学の専門領域を学べる「共同副専攻」を開講する。

 所属する学科以外の領域にも学びの機会を広げることで、学生の多様な能力と創造性を育成する。

 共同副専攻ではウェブページの開発技術やデザインが学べる「Webデザイン・エンジニア」と、デジタル漫画や3DCG、アニメーションなどの制作技術が学べる「キャラクターイラスト・コンテンツ」の二つの教育課程を設ける。

 講義には文星芸術大のコンピューターによる漫画制作機材や、帝京大のVR(仮想現実)の機材を活用。両校の教員らがオンラインや各校のキャンパスで教壇に立つ。