熱傷の分類

大森達人医師

熱傷の分類 大森達人医師

 こたつや床暖房などで暖を取る機会が増える冬場。この季節にリスクが高まる低温やけどは、気付きにくく重症になりやすいため注意が必要だ。日本熱傷学会認定の熱傷専門医で、とちぎメディカルセンターしもつが救急部の大森達人(おおもりたつと)部長に、原因や予防策などを聞いた。

 低温やけどは、比較的温度の低い熱が一定程度の時間、皮膚に当たり続けることで起こる。大森医師によると「低温でも例えば45度であれば2~3時間、50度であれば数分でやけどになる可能性が高い」。

 負傷するケースとしては、飲酒した状態のままこたつで寝てしまったり、使い捨てカイロを皮膚に長時間当て続けてしまったりした場合などさまざま。「座ってノートパソコンを太ももに置きながら作業し、パソコンの熱でやけどを負った場合もある」という。

 やけどは、ダメージを受けた皮膚の深さによって分類される。皮膚の表面である表皮を損傷するやけどはⅠ度熱傷、表皮とその内側にある真皮の浅い層に達する熱傷は浅達性Ⅱ度熱傷だ。真皮の深いところまで達すると深達性Ⅱ度熱傷になる。真皮を含む皮膚の全ての層と皮下組織までダメージがあるのは、Ⅲ度熱傷と呼ばれる。