栃木県庁

 県と県障害者スポーツ協会は10月に本県で開催される「全国障害者スポーツ大会」の個人競技への出場選手を21日まで募集している。障害者スポーツでは競技団体に所属していない選手も多く、自薦他薦を問わずに受け付ける。

 対象は陸上やアーチェリーなど個人7競技で約150人。車いすバスケットボールなどの団体7競技は原則、強化指定の県代表チームから選手を選考する。

 応募条件は、22年4月1日現在で13歳以上の身体や知的、精神に障害がある人。スポーツを通じた社会参加と、競技力の向上への意欲が求められている。

 また県は大会期間中に選手の日常生活などを支えるボランティアの選手団役員(介助員)も3月22日まで募集している。人数は約160人。10月27~31日の4泊5日で、選手の宿泊や競技などをサポートする。

 対象は18歳以上の高校生を除く男女。資格が無くても応募できる。ユニホームや昼食、宿泊、交通費は県が負担する。県障害福祉課は「県選手団の一員として大会を盛り上げていただきたい」と呼び掛けている。

 出場選手の希望者は同協会へメール(entry@syospo-tochigi.org)などで申し込む。(問)同協会028・624・2761。介助員の希望者は県障害福祉課に申し込む。(問)同課028・623・3053。