出馬会見で決意を述べる高橋氏=17日午後、県庁記者クラブ

 夏の参院選栃木選挙区(改選数1)に「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(N党)公認で出馬を予定している新人高橋真佐子(たかはしまさこ)氏(56)は17日、県庁記者クラブで記者会見し、正式に立候補を表明した。

 高橋氏は「NHKの受信料問題から力を注いでいきたい」と語り、NHKのスクランブル放送化の実現などを訴えた。岐阜県出身、千葉県四街道市在住で本県と直接の関わりはないが、同党の支援活動を通じて遠藤信一(えんどうしんいち)宇都宮市議と知り合い、出馬の打診を受けたとしている。現在、カウンセラーとして活動しているという。

 本県について「(コロナ禍の影響を受けている)観光地にもう少し力強さがあればいいと思う。今よりも暮らしやすくなるようにとの思いがある」と述べた。

 栃木選挙区では自民党現職の上野通子(うえのみちこ)氏(63)が3選を目指して立候補を予定している。