小山市役所

 小山市生涯学習センターの直営化問題で、市は17日、4月からの直営化を撤回して現在の指定管理者との契約を1年間延長する方針を明らかにした。この間に、有識者による新たな検討機関を設け、生涯学習や市民活動に関連する施設の運営方法を見直す。浅野正富(あさのまさとみ)市長の看板政策だった同センター直営化は、市議会の批判を受けて市側の準備不足が露呈し、事実上の棚上げとなる。

 同日の市議会議員説明会で市執行部が明らかにした。