重量挙げ男子102キロ級で優勝した小山の小藤=小山南高第2体育館

 関東高校選抜スポーツは16日、小山南高第2体育館ほかで重量挙げやフェンシングなどを行い、重量挙げ男子102キロ級の小藤快勢(こふじかいせい)(小山)、女子71キロ級の千野虹(ちのなな)(栃木翔南)が優勝した。

 重量挙げは2年ぶりの開催。小藤はスナッチ118キロ、ジャーク147キロ、トータル265キロがいずれも大会記録となった。千野も3部門で大会新記録を樹立。そのうちジャーク81キロ、トータル147キロは県高校記録となった。このほか県勢は男子89キロ級の及川瑛人(おいかわえいと)(青藍泰斗)、102キロ超級の塚田直人(つかだなおと)(小山南)、女子71キロ級の小山風和(こやまふうか)(同)が準優勝。竹澤菜々香(たけざわななか)(小山)が3位に入った。

 フェンシングは男女フルーレ団体を行い、男女とも宇南が準決勝で敗退した。