ホンダの選手からバッティングの指導を受ける参加者=宮原運動公園野球場

 優れた運動能力を持つ小学生を発掘して育成する県の「とちぎ未来アスリートプロジェクト」で、ソフトボール競技の体験プログラムが15日、宇都宮市陽南4丁目の宮原運動公園野球場で行われ、エクセレントキッズ・ジュニアに選ばれている小中学生46人が日本リーグの男女ホンダの選手から指導を受けた。

 体験プログラムはさまざまなスポーツに出合う機会を提供し、個人の能力を最大限発揮できるスポーツを見つけてもらうことが目的。世界で輝く未来のトップアスリートを輩出することなどを狙いにしている。