下野市役所

 【下野】広瀬寿雄(ひろせとしお)市長は13日の定例記者会見で、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染急拡大を受け、希望する市民へのPCR検査キット配布事業の対象者を全年齢に拡充すると発表した。また、65歳以上の高齢者の3回目ワクチン集団接種の開始時期を早め、15日に始めることも明らかにした。

 PCR検査キット配布の対象は、市に住民票がある人。これまで65歳以上の高齢者やワクチン接種済みの人は対象外だったが、全年齢に広げる。ワクチン接種者も対象とし、既に12日から変更して配布している。

 18歳以下は無料で、その他の人の自己負担額は初回1500円、2回目以降3千円。市がキットを購入し、差額を市が負担する。

 検査回数は月2回まで。ただし高齢者や障害者が、施設から一時帰宅などをする際にPCR検査の陰性証明が必要な場合、月4回まで無料で配布する。希望者は市健康増進課窓口に申請し、キットを受け取る。期間は3月末まで。

 また高齢者のワクチン集団接種は、15日から医療従事者の余剰枠で実施する。会場は市保健福祉センターきらら館。すでに接種券の発送を始めており、届いた人は14日から予約できる。

 (問)同課0285・32・8905。