JR東日本によると、13日午前5時32分ごろ、東北新幹線の郡山駅構内で、線路を切り替えるポイントに不具合が発生した。東京-新青森駅間の全区間や一部区間の上下線で一時運転を見合わせ、ポイントの部品交換を行い、午後0時31分に運転再開。秋田、山形、上越、北陸の各新幹線にも運休や遅延が発生し、合わせて上下74本が運休、上下26本が最大6時間2分遅れ、約2万7400人に影響した。