国民民主党は11日、飲酒後に車を運転して物損事故を起こし、事故を申告しなかった同党栃木県連代表の斉藤孝明(さいとうたかあき)県議(49)=宇都宮市・上三川町選挙区=を除籍処分にすると発表した。

 処分は同日付。同党は「管理監督責任を重く受け止め、再発防止に徹底的に取り組み、全力を挙げて信頼回復に努める」とした。

 同党県連は12日夜、幹事会を開き、県連としても斉藤県議を除籍処分とすることを決めた。駒場昭夫(こまばあきお)幹事長(宇都宮市議)は「多くの方にご迷惑をお掛けし、心からおわび申し上げる。あってはならない事案であり、(党本部の)除籍処分は重く受け止めなければいけない」と話した。