» 動画ページへ

色とりどりの洋ランが並ぶ会場=12日午後2時30分、宇都宮市今泉町

 県内の生産者や愛好家が栽培した洋ランが並ぶ「第50回記念とちぎ蘭展」が12日、宇都宮市今泉町のFKD宇都宮店大催事会場で開幕した。17日まで。

Web写真館に別カットの写真

 県洋蘭生産組合が主催。コチョウランやシンビジウムなど約1万鉢を展示即売するほか、栽培教室や相談所も実施する。

 新型コロナ対策として入り口に消毒液を設置。会場内の通路は密を避けられるよう、例年より広げてゆとりを持たせているという。

 初日となったこの日、訪れた人々はピンクや白、紫など春色に染まった会場内をじっくりと見て回った。早川順章(はやかわよりあき)同展実行委員長(70)は「近年は一般の方が室内で楽しめるものが増えてきた。見て作って、ランの魅力を知ってほしい」と話した。