太極拳の世界ジュニア大会で金メダル2個を獲得した毛塚さん

 【栃木】9~16日にブラジルで開催された太極拳の世界ジュニアチャンピオンを決める「第7回世界ジュニア武術選手権大会」で、栃木翔南高2年毛塚来美(けづかくるみ)さん(17)が女子A組(16~18歳)の「太極拳」「太極剣(つるぎ)」2種目で金メダルを獲得した。A組で両種目を制するのは国内初の快挙。毛塚さんは「日本代表としてプレッシャーもあったが、結果を残せてほっとしている」と笑顔を見せた。

 同大会はアジア大会と毎年交互に開催。今回は世界42カ国から約700人の選手が出場した。