集合写真の撮影に臨む新成人=真岡市

親友とスマートフォンで記念撮影する新成人=真岡市

集合写真の撮影に臨む新成人=真岡市 親友とスマートフォンで記念撮影する新成人=真岡市

 【真岡】市成人式が9日、荒町の市民いちごホールで行われ、新成人626人が出席した。今回初めて新成人20人でつくる実行委員会が司会進行などの運営を担い、大人の仲間入りを共に祝った。

 市内の該当者927人のうち、事前に参加を申し込んだ新成人が出席。新型コロナウイルス感染防止のため午前と午後の2回に分けて実施され、このうち午前の部には真岡地区の347人が臨んだ。

 来賓の祝辞に続き、新成人を代表し実行委員の上高間木(かみこうまぎ)1丁目、大学2年斎藤茉菜(さいとうまな)さん(20)と荒町3丁目、同塩澤奎拓(しおざわけいた)さん(19)が将来の夢や家族への感謝の思いなどを語った。

 実行委員長を務めた高勢町3丁目、公務員小貝隼人(こかいはやと)さん(20)は「県外のメンバーも多くオンラインで打ち合わせるなど大変だったが、無事に進行できて良かった」と笑顔を見せた。