鹿沼市の佐藤信(さとうしん)市長は6日の定例記者会見で、犯罪被害者やその家族、遺族を支援するための「犯罪被害者等支援条例」を制定し、市が独自に見舞金を支給する制度を創設することを明らかにした。

 条例案は3月定例市議会に提出し、4月施行を目指す。