花塚市長(左)を表敬したJ2東京V加入内定の稲見

 さくら市出身でサッカーJ2東京Vに今季加入する明大4年MF稲見哲行(いなみてつゆき)(矢板中央高出)が5日、同市役所を表敬訪問し花塚隆志(はなつかたかし)市長にプロへの抱負などを語った。

 稲見は喜連川SCJr、AS栃木を経て矢板中央高に進学。2017-18年の全国高校選手権では主将としてチームを4強入りに導いた。明大では副主将を務め、豊富な運動量を武器に主力ボランチとして活躍。7月に東京Vへの加入内定が発表された。