新春記者会見に臨む福田知事=5日午後、県庁

 新型コロナウイルスの新規感染者数が県内外で増加する中、福田富一(ふくだとみかず)知事は5日の新春記者会見で、同日宿泊分から割引対象者の居住地域を茨城、群馬、埼玉の3県にも拡大した「県民一家族一旅行」事業について、「大きな声で『来て下さい』とは言えないが、中止の段階でもない」との考えを示した。

 判断の根拠として、本県独自の警戒度が「レベル1以下」を維持している点を挙げた。一方、「この事業が県内や隣接県の感染拡大につながることは、あってはならない」とも述べた。