決勝進出を決めた国学栃木の選手たち=5日午後3時40分、花園ラグビー場

 第101回全国高校ラグビー大会第6日は5日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準決勝2試合を行い、国学院栃木が3連覇を狙った桐蔭学園(神奈川)を21-10で下し、県勢初の決勝進出を決めた。

 国学院栃木は前半2分にCTB田中大誠(たなかたいせい)のペナルティーゴール(PG)で先制し17分にも田中のPGで加点。18分にはWTB伊藤大暉(いとうひろき)、22分にはフルバック青柳潤之介(あおやぎじゅんのすけ)が相次いでトライし18-5で折り返した。

 後半は自陣で押し込まれる展開が続いたが、組織的守備と各選手が密集の強さで相手反則を次々と誘発。ラストプレーでトライを許すまで反撃の糸口をつかませなかった。

 決勝戦は8日午後2時5分から同会場で行い、国学院栃木は東海大大阪仰星(大阪)と対戦する。