» 動画ページへ

次々とマグロを競り落とす仲買人ら=5日午前5時35分、宇都宮市簗瀬町

 宇都宮市中央卸売市場(同市簗瀬町)で5日早朝、水産物や青果物の初競りが行われた。競り人は威勢のよい声を響かせ、仲買人たちは鮮度をチェックしながら次々と競り落とした。

 午前5時25分、水産物部せり場に集まった仲買人を前に、水産物卸売会社「宮市宇都宮魚市場」の小林保彦(こばやしやすひこ)社長(56)が「新型コロナウイルスが増えてしまった。またかという印象。今年1年皆さんと一丸となって乗り切っていきましょう」とあいさつ。三本締めを行い、競りが始まった。

 この日は冷凍のメバチマグロ43本が入荷し、最高価格は1本当たり34万5708円(97キロ)だった。市場全体の入荷量は水産物が平年並みの約18トン、青果物は約383トンだった。

 初競りには、水産物部と青果部合わせて82人が参加した。