飼育員がトラに襲われたトラ舎=5日午前11時27分、那須町高久乙の那須サファリパーク

飼育員がトラに襲われる事故があった「那須サファリパーク」=5日午前、那須町

飼育員がトラに襲われたトラ舎=5日午前11時27分、那須町高久乙の那須サファリパーク 飼育員がトラに襲われる事故があった「那須サファリパーク」=5日午前、那須町

 5日午前8時半ごろ、那須町高久乙の「那須サファリパーク」から「従業員がトラに襲われた」と119番があった。20代の飼育員3人がトラ1頭にかまれるなどし、22歳女性が右手首に大けが、26歳女性と24歳男性もけがをした。

 サファリパークなどによると、トラの飼育担当だった女性が開園前に展示室の安全を確認するため同室と獣舎をつなぐ通路に入った際、何らかの理由で獣舎から出て通路にいたトラと鉢合わせして襲われた。女性の悲鳴を聞いて通路内に駆けつけた別の女性と男性も相次いで襲われたという。

 トラは11歳のベンガルトラの雄「ボルタ」で体長約2メートルで体重約150~160キロ。事故を受け、5日は臨時休園となった。

 那須塩原署によると、女性2人はドクターヘリ、男性は救急車で搬送されたという。

 サファリパークでは1997年と2000年に、飼育員がライオンに襲われる事故があった。