新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 栃木県は4日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に、県内在住の30代男性と20代女性が感染していたと発表した。県内でオミクロン株の感染が確認されたのは計3人となった。

 男性はパナマ、女性は米国からそれぞれ12月下旬に帰国する際、既に感染が確認された人と同じ航空機に搭乗し、濃厚接触者に指定されていた。県は「市中感染ではない」としている。