栃木大恩寺の前で行われた獅子舞

栃木大恩寺で行われた新年祈願祭。中央奥がタム・チーさん

栃木大恩寺の前で行われた獅子舞 栃木大恩寺で行われた新年祈願祭。中央奥がタム・チーさん

 ベトナム人技能実習生らの救済活動を行うベトナム出身の尼僧ティック・タム・チーさん(44)が、那須塩原市四区町の民家の寄付を受け、仏教寺院「栃木大恩寺」を開いた。タム・チーさんはベトナム人の「駆け込み寺」として知られる埼玉県本庄市の大恩寺の住職。新型コロナウイルス禍によって日本での生活に困る同胞が増える中、栃木県と周辺地域での受け皿拡充につなげる。3日は栃木大恩寺で新年祈願祭を行い、県内外のベトナム人ら約100人が今年の幸せを願った。

 出入国在留管理庁によると、国内のベトナム人技能実習生は約20万人(2021年6月末時点)。県によると、栃木県では7951人(20年12月末時点)のベトナム人が暮らしている。