今年のえとは「寅(とら)」。勇猛なトラにあやかり、新型コロナウイルス禍を吹き飛ばす元気で明るい一年にしたいもの。県内各地の「寅・トラ」にまつわるスポットを紹介する。

那須サファリパークのボルタ(右)とラブ(那須サファリパーク提供)

 【那須】ベンガルトラ2頭を飼育する高久乙の那須サファリパークは、寅(とら)年を迎えた元旦から見物客でにぎわった。

 同パークには10歳の雄「ボルタ」と14歳の雌「ラブ」がいる。ボルタは世界で30頭ほどしか飼育されていないという「ゴールデンタビータイガー」。通常のベンガルトラよりしま模様が薄く金色の毛並みが特徴。

 寅年を記念し、同パークは2頭のトラの大型写真パネル(縦1・8メートル、横3メートル)を作り、トラ展望デッキにフォトスポットを新設した。このほかTシャツやトレーナーなどオリジナルのトラグッズも拡充した。

 同パーク広報の土屋梢(つちやこずえ)さん(21)は「(寅年は)12年に1度なので、ぜひトラたちに会いに来て」と呼び掛けている。