JR東日本大宮支社によると、3日午前8時15分ごろ、JR宇都宮線の黒磯発熱海行きの上り普通電車で、小金井駅で降りた乗客から刃物のようなものを持った乗客が乗っていたと申告があった。小山駅で警察と駅係員、乗務員が当該車両の車内点検をしたが不審者は見つからず、安全確認が取れたため同8時半に運転を再開した。

 その後、栃木県警から情報を受けた埼玉県警が、当該の電車が白岡駅に停車中に再度、警察と駅係員による車内点検を行ったが、不審者は確認されず、安全確認が取れたため、同9時29分に運転を再開した。

 同線の上下線で一時運転を見合わせ、上下2本が運休、上下5本が最大39分遅れ、約5500人に影響した。