後半10分、矢板中央のFW藤野がドリブルで切り込む=フクダ電子アリーナ

 第100回全国高校サッカー選手権大会第4日は2日、千葉市のフクダ電子アリーナほかで3回戦8試合を行い、本県代表の矢板中央は東京都B代表の関東一に2-3で敗れた。県勢が8強入りを逃すのは第94回大会以来6大会ぶり。

 前半6分に先制を許した矢板中央だったが、24分に途中出場のMF星景虎(ほしかげとら)が得たPKをDF島崎勝也(しまざきかつや)が決めて同点に追い付いた。しかし27分に勝ち越しを許し、前半を1-2で折り返した。

 後半は開始から立て続けに3人を投入し、7分に途中出場のFW久野木力丸(くのぎりきまる)のクロスが相手のオウンゴールを誘い再び同点。その後もゴールに迫ったが得点を奪えず、逆に38分にミドルシュートを決められた。

 このほか3大会ぶりの優勝を狙う青森山田は3-1で阪南大高(大阪)に快勝し、前々回王者の静岡学園(静岡)は宮崎日大(宮崎)に8-0で大勝した。前橋育英(群馬)は鹿島学園(茨城)に2-1で競り勝ち、東山(京都)は長崎総合科学大付(長崎)を3-0で下した。桐光学園(神奈川)、大津(熊本)、高川学園(山口)も勝ち上がった。

 準々決勝は4日に行われる。

 第100回全国高校サッカー選手権大会第4日は2日、千葉市のフクダ電子アリーナほかで3回戦8試合を行い、本県代表の矢板中央は東京都B代表の関東一に2-3で敗れた。県勢が8強入りを逃すのは第94回大会以来6大会ぶり。

 前半6分に先制を許した矢板中央だったが、24分に途中出場のMF星景虎(ほしかげとら)が得たPKをDF島崎勝也(しまざきかつや)が決めて同点に追い付いた。しかし27分に勝ち越しを許し、前半を1-2で折り返した。

 後半は開始から立て続けに3人を投入し、7分に途中出場のFW久野木力丸(くのぎりきまる)のクロスが相手のオウンゴールを誘い再び同点。その後もゴールに迫ったが得点を奪えず、逆に38分にミドルシュートを決められた。

 このほか3大会ぶりの優勝を狙う青森山田は3-1で阪南大高(大阪)に快勝し、前々回王者の静岡学園(静岡)は宮崎日大(宮崎)に8-0で大勝した。前橋育英(群馬)は鹿島学園(茨城)に2-1で競り勝ち、東山(京都)は長崎総合科学大付(長崎)を3-0で下した。桐光学園(神奈川)、大津(熊本)、高川学園(山口)も勝ち上がった。

 準々決勝は4日に行われる。