東洋大2区松山(左)が戸塚中継所で3区の佐藤にたすきをつなぐ=横浜市

 第98回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの往路5区間、107・5キロで関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが出場し行われ、県勢は2人が出走した。2年連続で2区(23・1キロ)を走った東洋大の松山和希(まつやまかずき)(大田原中-福島・学法石川高)は1時間7分2秒で区間5位タイだった。

 初出場の駿河台大は前回、関東学生連合9区を走った町田康誠(まちだこうせい)(白鴎大足利高)が当日変更で3区(21・4キロ)に入り、1時間3分35秒で区間12位だった。