後半14分、国学栃木のCTB田中がペナルティゴールを決める=花園ラグビー場

 第101回全国高校ラグビー大会第4日は1日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合を行い、Bシードの国学院栃木(22大会連続27度目)は計3トライを奪い27-7で千葉県代表の流通経大柏(27大会連続29度目)を下し、10年ぶり2度目の8強入りを果たした。

 国学院栃木は前半9分、右サイドに大きく展開し抜け出したWTB伊藤大暉が先制トライ。その後はミスのない攻撃を続け、前半で3トライとリードを広げた。後半は相手の力強いモールに苦戦し今大会初トライを奪われるも、CTB田中大誠がペナルティゴールを2本決め追撃を許さなかった。

 国学院栃木は3日午前11時55分から、長崎県代表の長崎北陽台(4大会連続20度目)と初の4強入りを懸けて対戦する。