【日光】鬼怒川・川治温泉旅館協同組合がまとめた加盟28宿泊施設の11月の宿泊者数は9万7409人で、今年最多となった10月(6万8772人)を上回った。新型コロナウイルス禍に伴う政府の観光支援事業「Go To トラベル」が展開されていた前年11月と比べて14・1%減ったものの、回復傾向が続いている。

 11月は感染者数の減少が続き、県内の旅行代を割り引く県の支援事業「県民一家族一旅行」の実施や行動制限の緩和などが追い風になったとみられる。