オンライン会見で意気込みを語る小池

 北京冬季五輪アイスホッケー女子日本代表内定メンバーが26日発表され、日光市出身のDF小池詩織(こいけしおり)が選ばれた。小池の五輪代表入りは3大会連続3度目。地元関係者らは祝福し、「持ち味を発揮してほしい」「点に絡むプレーを」と大舞台での活躍を期待した。

 「何度目でもうれしい気持ちは変わらないですね」。オンラインで同日開かれた発表会見後、娘から連絡を受けた父・真(まこと)さん(60)は率直に喜びを語った。