石坂市長から記念品を贈呈された石田投手(左)

激励会で感謝の言葉を述べる石田投手

石坂市長から記念品を贈呈された石田投手(左) 激励会で感謝の言葉を述べる石田投手

 今春の選抜高校野球大会で東海大相模高(神奈川県)の優勝に貢献し、ドラフト4位で巨人に入団した真岡市出身の石田隼都(いしたはやと)投手(18)の激励会と市の記念品贈呈式が26日、上谷貝の多目的広場で行われた。

 石田投手は真岡中時代に中学硬式の真岡ボーイズで活躍し東海大相模高に進学。センバツ甲子園では全5試合に登板し2試合を完封、主戦として同校10年ぶりの優勝の原動力となった。巨人での背番号は56に決まった。