女子代表の宇都宮文星女

男子代表の那須拓陽

女子代表の宇都宮文星女 男子代表の那須拓陽

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会は26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで行われ、女子の宇都宮文星女(2年連続4度目)が1時間11分17秒の18位、男子の那須拓陽(4年連続12度目)は2時間8分53秒で34位だった。

 宇都宮文星女は1区山田未唯が区間12位、2区深澤雫月がさらに順位を一つ上げたが、3区で15位に後退。4区本多梨沙が区間10位の力走を見せたが目標の栃木県勢最高順位13位には届かなかった。

 男子の那須拓陽は序盤40位台と低迷。しかし4区藤田アトムが区間9位の好走で35位まで押し上げ、さらに5区菊地琉音が区間22位、最終7区の小林凌真が区間17位の力走で34位まで浮上した。