» 動画ページへ

初優勝を飾り、歓喜に沸くFC VALONイレブン=25日午後2時、県グリーンスタジアム

 中学生世栃木栃木県内ナンバーワンを決める「第52回下野杯争奪県下中学生サッカー大会」(県サッカー協会、下野新聞社主催)最終日は25日、県グリーンスタジアムで決勝を行い、栃木市のFC VALONが延長戦の末に1-0で足利両毛ユナイテッドAを下し、初優勝を果たした。

ほかにもWeb写真館に写真

 両チームとも得点機をつくりながらもゴールを割れず、0-0のまま前後半5分の延長戦に突入。VALONは前半4分、MF松野仁(まつのじん)のボレーシュートで決勝点を挙げた。初優勝を狙った足利両毛はFW久米琉翔(くめるいと)らを軸に攻撃を仕掛けたが1点が遠かった。

 表彰式ではVALONの荒川琉人(あらかわりゅうと)主将らが県サッカー協会の星野務(ほしのつとむ)会長から優勝カップや賞状を受け取った。大会には県内のクラブ、中学校部活動の計120チームが出場した。