佐野ラーメンケーキ

「これからも地元に根付いた店にしたい」と話す前田さん

佐野ラーメンケーキ 「これからも地元に根付いた店にしたい」と話す前田さん

 佐野といえば、言わずと知れたラーメンのまち。地元の名物をスイーツで表現しようと二十数年前に開発したのが「佐野ラーメンケーキ」(410円)だ。

 ラーメンの器に見立てた陶器カップにスポンジケーキやカボチャのムース、生クリームなどを敷き詰め、麺はカボチャのクリームで表現。ラーメンの具として欠かせないチャーシューはチョコレート、メンマはクリ、ナルトはマジパンで彩り、ゼリーで作ったネギも散らす凝りようだ。

 「手間が掛かるため、基本的に土日のみの販売となっている」と、オーナー夫人の前田真由美(まえだまゆみ)さん(57)は申し訳なさそうに笑う。

 店は1994年にオープン。「何個でも食べられるような、くどさのない生クリーム」にこだわり、店名は「生クリームに最も合う二つの果物から取った」と説明する。

 それ以来、「地元に根付いたお店にしたい」が夫婦のモットーに。ラーメンケーキの開発もその一環という。「箱を開けたとき、クスッと笑って、話のねたにしてもらえればうれしい」と前田さん。開店30周年に向け「これからもお客さまを笑顔にできる店をつくるだけ」と表情を引き締める。

 ▼メモ 佐野市赤坂町975の1。午前10時~午後7時。水曜、第3火曜定休。(問)0283・21・3558。