イチローさん率いるチーム相手に力投を見せる作新の川上=神戸市のほっともっとフィールド神戸(本人提供)

 本県球児の一人が夢の舞台に立った。作新学院高女子硬式野球部3年の川上未夢(かわかみみゆ)投手(18)が女子高校野球選抜チームの一員として18日、米大リーグ・マリナーズなどで活躍したイチローさん率いる草野球チームとの親善試合(神戸市・ほっともっとフィールド神戸)に出場した。レジェンドのプレーを目の当たりにし「全国で私たちだけしか経験できなかったこと。すごく光栄」と振り返った。

 川上は簗瀬小2年時に野球を始め、長く投手を務めてきた。高い制球力と多彩な変化球を武器に高校進学後も1年夏からベンチ入り。リリーフとして2019年の全国大会初優勝にも貢献した。