宣言書を手にする粉川市長

 日光市は24日、2050年までに地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言した。今後、市の現状を調査し、具体的な方策を検討していく。

 同日の定例記者会見で粉川昭一(こなかわしょういち)市長が発表した。