新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、医療従事者と高齢者施設入所者への接種前倒しが可能となったことを受け、宇都宮市は来年1月の接種対象者が当初の1万5千人から2万6600人に増えることを23日、明らかにした。一般高齢者への接種は、当初の予定通り同2月から行う。

 佐藤栄一市長が同日の定例記者会見で説明した。