講演するリコー取締役専務執行役員CFOの松石秀隆氏=24日午後、宇都宮市内のホテル

 しもつけ21フォーラム(下野新聞社主催)7月例会が24日、宇都宮市内で開かれ、リコー取締役専務執行役員兼最高財務責任者(CFO)松石秀隆(まついしひでたか)氏(61)が「経営改革の成功と失敗~働き方改革~」と題して講演した。

 松石氏は販売・サービスのリコージャパン社長時代の改革を紹介した。社員約3千人の面接を通し、課題として浮かんだスピード感や顧客接点量などの点で改革に取り組んだ。

 人事評価では「人に優しく、仕事に厳しい人事制度」を掲げ、育児・介護などを支援した。一方「業務にはチャレンジを求め、成果により賞与に最大8倍の差をつけた。優秀な人材ほど辞めなくなった」と話す。