栃木SCの山口強化部長(左)と握手する時崎新監督=21日午後2時30分、県庁

栃木SCの監督に就任した時崎氏(中央)と山口強化部長(右)、橋本社長=21日午後2時30分、県庁記者クラブ

記者会見で抱負を語る栃木SCの時崎新監督=県庁記者クラブ

栃木SCの山口強化部長(左)と握手する時崎新監督=21日午後2時30分、県庁 栃木SCの監督に就任した時崎氏(中央)と山口強化部長(右)、橋本社長=21日午後2時30分、県庁記者クラブ 記者会見で抱負を語る栃木SCの時崎新監督=県庁記者クラブ

 サッカーJ2栃木SCは21日、来季からトップチームの指揮を執る時崎悠(ときさきゆう)新監督(42)=作新学院高出=の就任記者会見を県庁で開いた。高校時代に過ごした地で初めてJ2クラブを率いる時崎氏は「これでもかと躍動してチャレンジする姿勢を、選手が見せるサッカーをしたい」と抱負を語った。

 時崎氏は福島県出身。作新学院高卒業後にJ1平塚(現湘南)に進み、J2水戸や当時東北リーグ2部のペラーダ福島(現J3福島)でもプレー。闘志を前面に出しながらチームを統率するDFとして活躍した。

 指導者としては2007年からペラーダ福島で選手兼監督を務め、湘南の下部組織の監督やトップチームのコーチを経験した。今季はJ3福島を率い、前線から積極的に守備を仕掛けるサッカーを展開。13勝6分け9敗の勝ち点45でクラブ史上最高の5位に導いた。

 会見に同席した山口慶(やまぐちけい)強化部長は「いろいろ悩み、考えて時崎氏に来ていただいた。クラブが目指すこと、やりたいことが多くの点で合致した。結果を出したいと強く思っている」と述べた。