雪が降る中、ゆず湯に入るカピバラ

 冬至を前に、栃木県那須町大島の那須どうぶつ王国で18日、カピバラが「ゆず湯」に入るイベントが始まった。朝から雪が降る中、7頭が体を温めた。21日まで。

 37度のお湯には、ユズのほか、カピバラの好物のリンゴ、カボチャなどが浮かべられた。カピバラたちは時折目を閉じたり、モグモグと口を動かしたりしながら気持ちよさそうに湯に入っていた。来園者は愛らしい姿を写真に収めていた。

 家族3人で訪れた東京都練馬区、会社員高橋俊匡(たかはしとしまさ)さん(39)は「予想以上の雪で驚いたが、カピバラの雪見風呂は珍しいと思うので得した気分」と喜んでいた。