那須町で大田原高の生徒7人と教員1人が亡くなった雪崩事故で、犠牲になった矢板市荒井、高瀬淳生(たかせあつき)さん=当時(16)=の母晶子(あきこ)さん(51)は30日、県教委が那須町内で開く高校教諭ら向けの初任者研修で危機管理の在り方などについて講話する。研修を知った晶子さんが県教委に打診した。雪崩事故の遺族が教諭の前で講話をするのは初めてで、晶子さんは「悲惨な事故を二度と起こさないために訴えたい」と準備を進めている。

 県教委によると、研修は30、31の両日、那須町湯本のなす高原自然の家で行う。毎年この時期に実施しており、県立高と特別支援学校の教諭ら約140人が参加予定。教諭の資質向上や教科指導などの研修メニューが組まれているが、危機管理に関する項目を扱うのは今回が初めてという。