» 動画ページへ

料理の魅力を紹介する奥田シェフ)=17日午前、宇都宮市

 木(こ)の花ホーム(栃木市西方町本城、早乙女正(そうとめただし)社長)は17日、宇都宮市西川田町の同社デジタルスタジオで「奥田シェフ料理教室」を開催した。午前と午後開かれた教室には、ファンや同社の顧客など計33人が参加した。

Web写真館に別カットの写真

 出身地の山形県鶴岡市でイタリア料理店を営む奥田政行(おくだまさゆき)さん(52)は「素材の魔術師」と称される人気シェフ。スローフード協会国際本部の「世界の料理人1000人」選出や食文化振興で文化庁長官表彰など数多く顕彰されている。同社は地域密着の家造り理念と奥田シェフの世界観が一致するとして教室を企画した。

 奥田シェフは「栃木県には素晴らしい食材がたくさんある。地元の食材を好きになって地産地消で作る料理を家庭でも楽しんでほしい」とあいさつ。「大滝日光サーモンの43度調理」「とちぎの星とフグのリゾット七草仕立て」など7品の作り方を実演し、料理を提供した。食材の生かし方を解説する中、「和食は(だしなど)水を食べる、フランス料理は哲学を食べる、イタリア料理は素材を味わう」など、楽しいトークも披露した。