Bリーグ2020~21シーズン決算 B1

 バスケットボール男子のBリーグは16日、2020年度の1部(B1)、2部(B2)全36クラブの経営情報を開示し、営業収入の合計は19年度より7・9%増加し、過去最高の241億7500万円となった。

 宇都宮ブレックスの営業収入は14億800万円でB1では千葉J、大阪、A東京に次ぐ4番目。うちチケット収入3億6500万円はB1最高額で、1億6800万円のグッズ収入は大阪に次ぐ2番目だった。