大しめ縄を取り付ける作業員

大しめ縄を取り付ける作業員

大しめ縄を取り付ける作業員

大しめ縄を取り付ける作業員 大しめ縄を取り付ける作業員 大しめ縄を取り付ける作業員

 【日光】山内の世界遺産・日光二荒山神社で16日、大鳥居に大しめ縄を取り付ける作業が行われ、新年に向けた準備が着々と進められている。

 大しめ縄は奉納された稲わらを使用し、男体山登拝講社青年部70人によって13日に作られた。長さは約18メートル、直径約35センチ、重さ約100キロに上る。

 午前10時に作業を開始。高所作業車に乗った作業員が高さ約9メートルの大鳥居にしめ縄を慎重に取り付け、紙垂(しで)を丁寧に飾り付けて作業は終了した。

 同神社の斎藤芳史(さいとうよしふみ)権宮司(68)は「今年はわらの出来が良く、素晴らしいしめ縄となった。引き続き新型コロナウイルスの感染防止に努めてもらいながら、気持ちよくお参りしてほしい」と話した。